105-磐西の50系客車@

・磐越西線の非電化での50系客車との出会いは81年8月が始めてで、その時は旧客の中で1〜2往復が
 真新しい客車をDD51が引いていたが、
 若番のDLが休車扱いもあって数年間ご無沙汰し、85年に訪れた時には旧客はすっかり入替っていた。
 50系の赤もDLとマッチしながら磐西の四季に溶け込んでいた。



       ・日出谷駅を出発する50系客車。    DD51505   81・08  日出谷



       ・50系の編成になり連結車両数は少なくなった。    DD51   81・08  鹿瀬・日出谷



       ・鮮やかな赤色で周りの緑に良く生きていた。    DD51   82・08・06  鹿瀬・日出谷



       ・周りの山々は紅葉真っ盛りの時期であった。    DD51   85・11・02  鹿瀬・日出谷



      ・有名なる日出谷のカーブにて。    DD511027   85・11・02  鹿瀬・日出谷



      ・遠くの山々は紅葉が進んでます。    DD511027   85・11・02  鹿瀬・日出谷



      ・この50系客車もあっと言う間に日本全国の一般客車として広まりました。    DD51   85・11・02  日出谷・豊実



       ・豊実側のほぼ平坦な路線を軽やかに進む。    DD51759   85・11・02  日出谷・豊実



      ・日出谷からトンネルまでは上り勾配でもありエキゾーストからの煙も音も力強かった。
       DD51685   85・11・02  鹿瀬・日出谷



 

      ・この辺の雰囲気もひなびた感じで良いですね。    DD51758   85・11・02  鹿瀬・日出谷


 ・磐西の50系客車Aへ