107-磐西の50系客車B



      ・鹿瀬より日出谷に向かう道路は2つのルートがあり、最初は阿賀野川の西側の道を利用していたが
       ある時に東側の山越えの道を走っている途中で俯瞰写真に適したポイントがある。
       この道は細いため対向車が合った場合には苦労する道でもあった。
       尚 橋の製作メーカは米国製との事。   DD51   86・05・01  鹿瀬・日出谷



      ・正面の山が麒麟山でDD51の引く客車は鹿瀬の町並みに到着しようとしている。
       右下の工場は化学工場である。      DD51   86・05・01  鹿瀬



      ・橋のイメージが何となく違うな・・・と思ったら斜面に昇り降り用の階段が設置されていた。
       DD51505  86・05・01  鹿瀬・日出谷



 

     ・客車も長い方が迫力はあるが5両は連結してほしい。     DD51  86・05・01  鹿瀬・日出谷



     ・熊本出身の759もすっかりA寒地仕様に生まれ変わっているが汽笛カバーは未設置である。
      DD51759   86・05・01  日出谷・豊実



     ・右側が小学校で鉄橋の左右桜が現在は人気スポットである。      DD51759   86・05・01  鹿瀬・日出谷
      後方山々の残雪が相当残っており美しかった。



      ・桜が少しは咲いてるが・・・現在はC57180とこの桜の為に相当前から場所取りが行われているとか?
       後方の山頂付近の新しい道路は林道で鹿瀬・日出谷ルートの山越え頂上付近から
       林道え入ることができ新たな撮影ポイントでもある。   DD51681   86・05・01  鹿瀬・日出谷



      ・翌日は雨の天気とはなったが何となくこの場所が気に入ってる。    DD51547  86・05・02  日出谷・豊実



      ・小雨振る中を客車は行く。     DD51759   86・05・02  鹿瀬・日出谷



      ・これは長い8両連結か。   DD511027   86・05・02  鹿瀬・日出谷