112-武蔵野操車場

・初めて武蔵野操車場を訪れたのは、電車で佐倉へ行った帰り道に武蔵野線三郷駅を下車して吉川駅まで
 歩いてみたが大規模で最新機能を持った操車場はとても広かった。
 訪れた当時は既に機関区は無くなり配置車両は田端となりDE11が4〜5小規模ながら働いていた。
 武蔵野線が開通し約10年ほどでこの操車場もヤード機能の廃止となり役目を終えた。



      ・撮影ポイントは線路に沿った道路からで何とか写せたが雑草も多かった。   DE111030  86・04・05  武蔵野



      ・恐らく田端移動後であろうが常磐線入線用として列車無線アンテナを2エンド側煙突上に設置してる。
       DE111046  86・04・05  武蔵野



     ・後方の建物が操車場内にあった旧武蔵野機関区。    DE111034  86・04・05  武蔵野



      ・この写真は機関車撮影会のイベント開催日で会場オープン時に撮影した。   DE111046  1045  86・09 武蔵野



      ・旧武蔵野機関区にはDE11が11両配置されていた。    DE111045  1035  86・09 武蔵野



      ・DE11は通常側面のナンバープレートは白線上に固定されているが、DE10のように下がった位置に
       固定されている機関車もあった。       DE111029  86・09 武蔵野



 

       ・まだまだレールは美しく光ってました。     DE111029  86・09 武蔵野



       ・この時点ではまだ一部貨物の業務が残ってました。    DE111034  86・09 武蔵野


       国鉄車両配置表
   
       83(58)年3月末現在  武蔵野機関区
       DE11  1019 1028 1029 1030 1031 1032 1033 1034 1035 1045 1046

            1045 1046の2両は新設配置で1019は新鶴見他1028〜1035は大宮から転属。