127-八高北線DL'85A



       ・比較的単機の写真が多いのは恐らく土日はセメント工場は稼動してるが受け手側は休みのため
        半数程度は単機となっていたようだ。    DD51895  8504〜05  毛呂・高麗川



        

      ・ここのポイントはカーブで中々良いところで左側には桜が良く咲くのだが桜を取り込むのが難しかった。
       DD51888  8505  毛呂・高麗川 



      ・この当時は機関士・助手の二名乗務であったがSLと違い助手の仕事は?  
       DD51895  8504〜05  毛呂・高麗川



       ・連結機上部の認識マーク(一次・二次)を黄色及び緑色で郡山機関区では付けていたが
        高一に移動後もそのままであった。     DD51801  8505  毛呂・高麗川



        ・この当時は1月の高尾臨以外のイベント列車もなく鉄道写真を趣味とするファンに沿線で会うことは
         殆ど無かった。    DD51814  8505  毛呂・高麗川



       ・勾配を駆け下りる801ファーストナンバー、八高線も大分慣れてきた事でしょう。  
        今思えば磐東での1年半ほど続いた三重連で先頭写真が撮れなかったのが残念である。
        DD51814  8510  毛呂・高麗川



        ・秩父セメントの積載ホキが重いのか重連のエキゾーストとエンジン音も凄かった。
         DD51894  8510  折原・竹沢



       ・このポイントには90年代半ば頃から高尾臨などのイベント運行時は多くのファンが集まるようになってきた。
        DD51813  8510  折原・竹沢



       ・生粋の高崎っ子。    DD51810  8505  毛呂・高麗川



       ・ここのススキは毎年綺麗でした。     DD51810  8510  折原・竹沢


     

       ・手作りの運用表であるが夜間は八王子・高麗川駅に各4両が駐在し、6仕業8両が稼動し高崎出区〜入区は
        2〜3日後であることが分かる。