1-会津線のC11 @

 ・会津線との出逢いは72年8月東北旅行の帰宅途中で、立ち寄ったお店の人より前の線路を指差して「ここではまだSLが走っていてファンが良く来るよ」との話であった。
  早速帰宅途中である会津田島駅の構内を見渡すと C11199が駅の外れにひっそりと佇んでいた。小型機関車と言う事もあり写真を目的に訪れたのは翌年73年3月に
  なってからであった。



  

              ・小雪の舞う湯野上駅を田島に向け発車。 73.03.25 C11244 



              ・湯野上駅に下車して国道の橋の袂でセット、後方の橋は白河方面のR118である。 73.03.25 C11244



              ・右端に写ってる人(T氏)とは殆ど一緒に撮影旅行に出かけた。 73.03.24 C11244 湯野上



                     ・桑原は上下線とも登り勾配の地形で谷間に駅や集落のある場所である。
                      このポイントは舟子寄りのトンネルまでダシュが見られた。       74.03.08 C11254 舟子・桑原


 

                     ・下りの 8398レはここ桑原にて給水のため停車で、その合間でのシャッタ-チャンスは多かった。 74.03.08 C11312



                   ・桑原発車後すぐに大川鉄橋そしてトンネルが待ち構え、貨車は全てチップ搭載用で懐かしい。 74.03.08 C11312



                   ・このC11312はつい最近まで大井川鉄道(株)にて活躍し引退した罐です。     74.03.09 会津落合・会津長野



                ・気温が低いため白煙が美しかった。      74.03.09 C11252 上三寄・桑原



               ・大川ダムの完成により現在この地点は別ルート(桑原駅も)である。    74.03.09 C11252 上三寄・桑原



                  ・駅発車間もなくでもありドラフトと白煙は素晴らしかった。    74.03.10 C11252 上三寄・桑原



           ・雪解けの水が川の如く流れる路を歩くと視界が開けた場所へたどり着いた。    74.03.10 C11289 上三寄・桑原


                          

            

           


 ・会津線のC11 Aへ