12-足尾線(大間々・神土) @

・足尾線の貨物輸送は国鉄→JR(民営化)と同じ時期に廃止となっているが
 古くはC12蒸気機関車の重連にて鉱山の町「足尾」までの物資輸送を担っていた。
 沿線には多目的ダム(草木ダム)建設に伴い神土・沢入間を新線建設で別ルートとなり
 その間の殆どはトンネルとなった。
 デーゼル機関車は高碕第一機関区のDE10・11が運用対応していた。



      ・とても小さなダムではあるがコンクリート建物の色合いが美しかった。   DE1155  87.03.22 花輪・水沼



      ・何の気なしに撮影ポイントを探していたら良いところが・・・。   DE1155  87.03.22 上神梅・大間々



  

     ・取分けDLの写真撮影はN氏と同行が多く、小海・磐東・磐西そして足尾には頻繁に出向いた。
      彼は相当早くVTRを購入し一生懸命であった。その当時はまだ技術的な未完成の時期であり
      色調は不十分と感じたがうらやましい限りであった。
      私も遅くなってから購入し現在は4台目を利用してる。    DE1054  83.04.23 水沼・上神梅。



 

     ・大間々〜足尾までの貨物は二往復設定されており二本目が重連である。
      DE1056+DE1136  85.08.10 水沼・上神梅。




    ・この当時はDE10・11共に若番ばかりの配置であった。   DE1155  87.03.22 花輪・小中



    ・満開な梅林の間を長岡よりの転属車 1705がやって来た。
     転属後1年ほどで茶色に変更され原色の走行写真は珍しいと思う。   DE101705 87.03.22 花輪・小中


 足尾線(大間々・神土) Aへ