25-川越線を走ったDE10 @

大宮機関区の96が69年9月末(44年)で無煙化によりDE10に置き換わり、客車1・貨物3本の川越線と
日本セメント専用線及び八高線(寄居・拝島)のセメント原材料輸送を分担していた。
朝夕1往復の旧客を引く列車も72年9月でDCに変わり、気が付けば貨物も隅田川向けのホキ(セメント)
1往復と寂しくなっていた。
そしてその貨物列車も電化の約1年後には輸送ルートの変更(八高経由)となり終了となった。 



    ・96の運用を引継いだDE10だが間もなく終了です。   DE10 72.09.28 笠幡・的場
  



    ・冬枯れの田んぼを単機が行く。   DE10 73.03〜04  笠幡・的場



    ・隅田川からのセメント・ホキの空車です。   DE10 73.03〜04  笠幡・的場



    ・懐かしい貨車を連結してますね・・・。   DE10 77.05〜06  笠幡・的場



    ・現在はこの付近に高速道路(圏央道)がクロスしてる。  DE10 78.04〜056  笠幡・武蔵高萩



    ・満開な桜並木と一緒に、後方は美しさで定評のあった駅舎。   DE10535 79.04 武蔵高萩
     昭和天皇は戦中に数回この駅を降り立った。


 川越線を走ったDE10 Aへ