27-川越線を走ったDE10 B



    ・遠く米原機関区より539と一緒に転属となった540、ラジエター回転認識(飾り)棒がやたら長かった。
     まだこのころは貨物も複数走っていた。   DE10540  83.08 武蔵高萩・笠幡



  

    ・入間川鉄橋を渡る、後方のトラスは東武東上線。   DE10  83.08 西川越・的場



    ・あ〜 火の見櫓が懐かしいですね。(現在は撤去され有りません)   DE10537 83.09 武蔵高萩・笠幡



    ・大宮機関区のDE10特徴は操車場入換の利便性からか、中央のステイ(チェーンの上部)が
     左右と連結固定され、又ステップ部位の認識向上に黄色に塗られている。
     DE10536 83.12 的場・笠幡



   ・林の中からホキを連ねてやって来た。   DE1010533  84.09〜10  武蔵高萩・笠幡



    ・川越線の電化も決定して沿線にはポールも建てられてきた。  DE10535  85.01 的場・笠幡


 川越線を走ったDE10 Cへ