28-川越線を走ったDE10 C


 

    ・後に熊本より1752が転属されたが、この1751は新規配置より大宮→田端で関東近辺では最も新しい番号だった。 
     DE101751  86.04 的場・笠幡



     ・大幅な機関車再配置にてさまざまな番号を見ることができた。
      このDE10125は佐倉より田端へ配置された。   DE10125  86.08 指扇・南古谷



     ・電化完了(85.9.30)後も高麗川構内及び専用線の非電化のためELは入線しなかった。
      DE10125 86.08 西川越・高麗川


      大宮機関区車輌配置表
       1976年3月末現在  DE10のみ

       DE10  66  67 531 532 533 534 535 536 537 538

      田端機関区車輌配置表  
       1986年3月末現在  DE10のみ

       DE10  60  91  92  93  94  95  100 104 124 125
            534 535 536 537 564 1751 1752