◆会社設立手続きと各種変更手続きに特化して日々数多くの起業支援業務を行っております。親切丁寧な対応を心がけております。お気軽にご相談くださいませ。

◆事務所案内
〒812−0033
福岡県福岡市博多区大博町7-10 1階
博多公証役場近く
mobile 090-9374-5558
tel&fax 092-673-1184

営業時間:9:00〜20:00
時間外、土日祝も対応いたします。
mail yoshiki_m0814@ybb.ne.jp
メールは24時間受付いたします。
ご相談は無料にて承ります。

◆運営サイト
建設業許可申請代行サイト
宅建業免許申請代行サイト
パスポート申請代行サイト
在留資格・ビザ申請代行サイト
産業廃棄物収集運搬業許可申請代行サイト
古物商許可・倉庫業登録申請代行サイト
一般貨物自動車運送業許可・貨物軽自動車運送事業申請代行サイト
介護タクシー事業許可申請代行サイト
風俗営業許可・飲食店営業許可申請代行サイト

福岡での会社設立・定款作成は前田行政書士事務所にお任せください。




払込証明書


発起人が資本金を払い込んだことを、会社が証明する書類です。
代表者印を押した表紙に、振込内容がわかる銀行のコピーを綴じ合わせて作ります。

資本金の払込みを証明する


資本金額は絶対的記載事項として定款に明記しますが、資本金の振込みがきちんとなされたことを社長が証明しなければなりません。そのための文章が払込証明書です。

保管証明の手間が解消された


発起設立における払込金保管証明書が不要になったことは、会社法の大きな改正点の1つです。その代わりにこの払込証明書が誕生しました。従来の保管証明書は扱ってくれる金融機関を探すだけでひと苦労でしたので、準備する手間はずいぶんと軽減されました。
払込証明書には、出資金が払い込まれたことがわかる書類を添付します。金融機関が発行する残高証明書というものもありますが、これだけでは資本金か個人の貯金かがはっきりしないので不可。通帳の振込明細ページを使います。振込みの内容がはっきりわかれば、振り込む口座の残高をあらかじめ0円にする必要はありません。

通帳のコピーを添付


通帳の表紙とその裏、そして振込明細のページをそれぞれコピーすれば、どの金融機関の誰の口座に誰がいくら振り込んだのかの証明になります。これらのコピーと払込証明書(表紙)を綴じ、見開きごとに契印をすれば完成です。
表紙には設立時に発行する株式の数と資本金の総額を明記します。代表者印を押すのも忘れずにします。