申請を代行するメリット



◆パスポートの取得は原則として住民登録がある都道府県のパスポートセンターに『申請時』と『受領時』の2回行かなければなりません。
『受領』は比較的速やかに処理してもらえますが、『申請』に関しましては、曜日・時間帯によっては
1時間以上待たされる場合もあります。
パスポートの申請代行をご依頼いただければ、『申請』に費やす時間(ご自宅とパスポート申請窓口の往復時間と申請窓口での待機時間)をお仕事などにお使いいただけます。

パスポートの申請は
平日しか受け付けてもらえません。
パスポートを取得するためだけに有給休暇を使うのであれば、その一日を楽しい海外旅行に加えるか、帰国後ゆっくりできる日に充てられます。
パスポートの受領は日曜日でも可能です。


※戸籍謄(抄)本の取得代行等お客様のひと手間を省くオプションもご用意しております。
パスポートの申請をするためにはお客様の身分証明書をお預かりする必要がございます。
他人に依頼することに不安を感じられることと思いますが、
行政書士には法律により守秘義務が課せられております。
お客様の個人情報をはじめ業務上知り得たいかなる情報も、正当な理由がない限り第三者に提供することはございません。ご安心ください。