龍の襖      by月城宮子    
   
 
 

*更新履歴*
 
 
 



 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

   周辺地図…龍の襖に出て来る周辺地図  


   ブログ…物語作成記  


   掲示板…感想等書いていただけたらコレ幸い  




   リンク  




 
  龍の襖を気に入っていただけましたら、
  ボチッと押していただけると嬉しいです↓
 
   「推理・ミステリ」部門
「異世界恋愛 シリアス」部門
 に参加しています
(一日一回投票可)
 
   「推理・ミステリ」部門
 に参加しています
(月一回投票可)

  
 【 小説>ミステリー】 に参加しています
 (一日一回投票可)
 
 
 
龍の錦シリーズ

私の心を染めてくれ!
 
 お香はある日、一目惚れします。その相手は塩崎という町にある呉服屋『井筒屋』の次男、井筒屋忍(いづつやしのぶ)。なんとか忍の家に弟子入りし、転がり込んだお香ですが、忍は着物以外の何にも興味を示さない。だが、奇抜すぎるその感性は抜群で、着物の知識に関しては誰にも引けを取らない。そんな着物の知識を頼って、塩崎の町代取締局に務める平田一之進は時折捜査を依頼する。忍にぞっこんのお香と、彼女を取り巻くちょっと変わった人々の捕物帳です。 
 

てるてる坊主に祈る蝶
 
 紫芽の公許遊郭、「葵屋」に住まう遊女、蝶々はある日少々風変わりな男の相手をする。名を名乗らぬ彼は「紫芽の疾風(はやて)」という名で知られる盗賊だという。仲間達と『抜荷物(政府禁令を破って、行われた密貿易の品物)』ばかりを狙って盗みを働く疾風は蝶々を気に入り、馴染みの客になる。今宵も朔の日、疾風はきっと盗みに入る。だから、蝶々は月のない夜空に祈る。大門から出られない檻の中の蝶と、ふらりと現れる盗賊のお話。
 

狛犬日記
↑ただいま工事中 
 
 白神にある豊水神社。そこに一匹の狛犬が居る。彼女は幾年月もの歳月をそこに鎮座して神を守って来た。だが最近、この神社に現れる一人の少女と護衛の武士が神社を騒がすのだ。今まで「刹那を生きる人間の戯言」と総てを達観して来た彼女達が少しずつ、少女の人生を見つめ始める。
 

書庫番ホタル
 
 
 木津國を治めていた水山家が竜崎家に滅ぼされた。水山家に代々書庫番として仕えていた泉尾雪軒(いずみおせっけん)は水山家ただ一人の生き残り、初姫を竜崎領主より下賜される。驚くほど勝ち気なお初と、水山家の書庫番雪軒の木津國が始まる頃のお話。
 
その他

NASAと鞍馬
 
 
 アメリカ人宇宙飛行士のジャック・キーツは宇宙の任務から地球への帰還中、誤ってタイムトリップを行ってしまう。たどり着いたのは1100年代の京都の鞍馬。そこで一人の男の子と出会い……
(SF短編です) (完結)
 




 
←ポチッと押していただけると嬉しいです。  
 
 
Counter